さえわたる 音楽・エンタメ日記

はやり歌の世界、ヴァイオリン演奏、言葉の使い方、テレビ番組の感想、旅行記などについて綴っています

【懐かしい歌No.13】「去りゆく夏」サーカス

1978年に洋楽カバーの「Mr.サマータイム」がオリコン1位となった、男女4人組ボーカルユニットのサーカス。

姉・2人の弟に従姉という「親族」グループで、リードボーカルの姉・叶正子を中心に、あらゆる作品で息の合ったハーモニーを聴かせてくれていました。

現在もメンバーは交代したものの、グループとしての活動は続けているようです。

 

「Mr.サマータイム」以外のヒット曲をご存知の方は少ない(グループの存在さえも?)かもしれませんが、毎年この時期になると思い出されるのが、1980年夏に発表されたこの曲です。

構成はAメロ+Bメロとシンプルですが、なんとも悲しい。

そして、何と言ってもBメロのサビに至ってからの4重のハーモニーが絶品です。

2人でハモって美しく聴かせるのも、通常は難しい。

ましてや4人で合わせるのは、相当大変なことです。

これだけのハーモニーを聴かせられるのは、後にも先にもサーカスだけではないか、と。

 

「人はなぜ 愛し合うの?そうよ こんなつらい 別れだけのために」

切ない詞です。

文字通りの「去りゆく夏」を、今年もこの曲とともに過ごしたいと思います。

 

www.youtube.com